食事

毎日体に入れるものだから、食事は体を作る基本だといつも思っています。できるだけ体が喜ぶ食事を心がけています。もっとわかりやすく言いますと腸が活性するものです。具体的には納豆、キムチ、野菜、魚、玄米、など発酵食品やできるだけ自然に近いものを選んで食べます。そして体を温める、東洋医学でいう温の食べ物、必ず食べているものは生姜です。昔から体温が低い私にとっては体を温める食材は必須でした。朝は基本的に食べません甘酒とコーヒーが主です。朝食会など交流の場では普通に食べます。その分昼食か夕飯で調整します。一番大事ことは、とらないほうがいい食材を知っておくことです。砂糖、マーガリン、スナック菓子、カップ麺、牛乳、缶コーヒー、菓子パン、などはできるだけとらないようにしてます。このことが10年以上風邪などひかないコツだと思っています。そして健康診断以外は病院に行った記憶がここ10年ありません。私は読書などで知識をいただき、どうしたら健康を維持できる食事がいいのか、自分なりに調べて試しています。美味しいものが多い時代により免疫力をあげて病院に行かないような体にすることが日本の医療費を下げる根本だと思っています。