【健康】コロナに打ち勝つ免疫力を身につける!

こんにちは小槻昌弘です。朝ラン今だに続いてます。今朝もこのブログ書く前に走ってきました、走ったというより早歩きに近いです。河原でストレッチと腕立て伏せをやってきました。河原ではソロキャンプの人がこちらをじーっと焚き火しながらみてました。(^^)では今日のブログいきましょう!

■船瀬先生の最近の本はコロナについて2冊書いています。その内容から抜粋して私なりに感想体験を書きます。

■1番最初に書いてあるのが少食です。やはり断食が1番効果あると私も思います。

■私はプチ断食をしてもう4年以上たちますが体はいたって健康です、以前より年はとっていますが体は前よりも動きます。一日一食が1番いいですが、仕事で会食が多いので私は1日2食にしてます。

■会食は相手との都合上同じものを食べますが、食べすぎたりしたら、その日は断食します。体がちゃんと断食モードになり、食べなくなります。

■お腹も空く時もありますが、その時は水、白湯、お茶、ルイボスティ、など飲みます。こうすると空腹感がなくなります。不思議です。ちなみにお菓子もたまに食べます😀

■そして散歩を食事の後にしたりします。今は寒いのでちょっと控えてますが、歩いて300mにセブンイレブンがあるので、そこまで歩いて、バナナや納豆や豆乳を買って来るときもあります。コンビニは情報の宝庫です。

■たくさん商品が並んで、消えてまた並んでを繰り返してますので、マーケティングに役立ちます。最近の動向が凄くわかります。また新聞や雑誌のタイトルだけ見て最近はこんなのが話題になっているんだなとチェックしてます。

■話を元に戻します。次は菜食です。私は家での食事はほとんどが野菜関係が多いです。たまに肉を少し食べます。これが体にいいことはわかりますの積極的に食べてます、日持ちしない野菜はきざんで冷凍保存して少しづつ食べてます。

■冷凍野菜は朝の野菜ジュースに主に使います。ジュースの内容は生姜、ニンジン、レモン、ほうれん草、塩、蜂蜜、黒砂糖、などをミキサーに入れて美味しく飲んでいます。これでまる半日は持ちます。

■次に朝ジョギング(朝ラン)ですこれは足腰を鍛えること以上にメンタル部分が多くセロトニンを大量に出すためにやります。朝ランをやったあとは体が温かくしかもポジティブ思考になっていることがすぐに実感できます。体がすぐに動くのです。

■次に風呂にです。これは体が温まることもそうですが1番はスッキリ爽快になりますので誰でも習慣になっていますが、おすすめなのは朝風呂です。朝短時間で体の血液循環をハイレベルで持っていけますので凄くいいですが、体が冷えてくると気持ちも元に戻ります。朝ランとの違いはそこにあります。

■次に筋トレですね船瀬先生のご自宅に行った時に廊下に金属製の太いバーがありそこで懸垂している姿を拝見して、私も自宅で懸垂と腕立てなど筋トレを始めました。体にエネルギーがみなぎるのです続けてます。

■次に笑いです。これは中々できていないです。テレビは全く見ないので笑うネタがないのですが、人との会話にはなるべく笑いが入るように心がけていますが、一人の時の方が多いのでラジオや映画で笑ってます。

■この笑いは私にとって1番の課題です。最近はズームなどがあるので楽しく会話をするようにしてます。

■最後に感謝です。免疫力と大いに関係あります。人やもの現象に感謝すると自己肯定感が高まります。生きている実感を強くすると病気を近づけず、運気を呼び込みます。

■以上が私が実践中の免疫力アップ方法です。船瀬先生やたくさんの書籍から私になりに抜粋して体験して書きました。

■皆様のお役に少しでも役立てば幸いです。ではまた

■まとめ
・少食
・菜食
・朝ラン
・風呂
・笑い
・感謝

■参考文献
・船瀬俊介コロナと5G:世界を壊す新型ウイルスと次世代通信
・船瀬俊介コロナとワクチン:新型ウイルス騒動の真相とワクチンの本当の狙い
・本多静六人生計画の立て方

■関連記事 →食事

カテゴリー: 実践, 習慣, 読書メモ, 運動, 食事 パーマリンク